FC2ブログ

Home > 2009年01月07日

2009年01月07日

バックがうまくなった??

エッ君の、才能か??

バックが上手い気がする。思い切って、バックの才能をもっと引き出せるべく
今日は、強化練習!!

前からバックして、後ろにいって、ターンのコマンドで、
今度はお尻から前に・・・・・・・・

これができるようになると、バック歩きもできるようになる!!

ジョージはバックがあまり好きじゃないようで・・・・・・・やはり後ろ足の強い・弱いが影響しているのか?



何度聞いても、この曲はノリやすい曲ですよね

ジョージとペアの作品、創作開始~

YOU TUBEで、いろんな動画、恥ずかしくもなく(笑)世に出しているけど
あれは、すべて、練習の光景~
いろいろ試してみて、犬にも人間にも音楽に合わせるということ=
楽しいということを犬が知る為のメソードというか。。。

ぶっちゃけ、この練習レベル=ドッグダンスと皆さん思わないでくださいね~(大汗)

犬と楽しみを共有して、音楽を共感して、観る人に犬と築いてきた絆を表現する。
それがドッグダンスなので。

だから難しい。でも楽しい。

初めて1ヶ月・・・・犬達も練習を楽しみにしているようだ。
これを始めて、かなり犬達も音楽ということ意識してきてます。
たまーに、音なしで練習するんですが、反応はイマイチ(笑)
やっぱ音楽あって練習するほうが、楽しいんですね(^^)

どこかのブログで、ドッグダンスをやっているんだけど曲に合わせるのが難しい・・・・と書いてあった
また別のところでは、犬との絆が壊れるから(?)ドッグダンスやめました!!と
信じられないことが書いてあった。

怖がりで、音や振動に敏感な犬は、向かないこともあるかもしれないけど、なんかなあ・・・
教え方がまずかったのか、その犬の(オーナーさんの)育った環境がドッグダンスに合わなかったのか・・・
残念なことだ。

犬は本来、人間と共同作業することに喜びを感じる動物で、種類はいろいろ、用途もいろいろだけど
チワワだってボーダーコリーだって、憶えられる能力に差はあっても、そこそこお互い
ドッグダンスを楽しめるレベルには教えられるらしい。

私のYOU TUBEのお友達にも、グレードデンやBグリフョン(長毛のパグみたいな犬)で
やっている方がいるけど、ちゃんと大会で頑張ってる。もちろん惚れ惚れしちゃうくらい巧い!
なにがあったんだろうか・・・・・・・・

作品が独りよがりにならないようにするには、曲を犬も人もお互い理解して、動きを理解していないと、これは、無理ですよね
そんなとき、演技とか、幼児音楽リトミックとか、ちょこっとだけ知識があってよかった

まだオープニングしか構想はないですが、ジョージと演技がからんだ作品を、創り始めました

曲は、有名な バック●トリート●ーイさんの、あの曲!!
この曲、ちょこっと、想いいれがあるんです・・・・(遠い目)
サビのコーラスの部分の和訳はこんな感じです

今までの僕を振り返ってみると
Lookin' back on the things I've done なんだか別人みたいに振舞ってたみたいだ
I was trying to be someone
別人になりきって君に隠し事をしていたんだ
Play my part and kept you in the dark 今 本当の気持ちを伝えるよ
Now let me show you the shape of my heart



いい曲でしょ~ でもあまりにリアルに演じすぎると、優しいジョージは、演技してくれなくなっちゃうのが、玉に瑕ですが(笑)

演技指導というか・・・・その細かいニュアンスを教えるのもクリッカーが大活躍♪
クリッカーで教えると、本当に動物が、やらされている感ではなく、自然に動いてくれるのが不思議です。

せっかく作ったオープニングの部分、忘れないように、ジョージのアドリブ演技とアイディアを、動画でとって記録しました。
犬と自分の演技も確認したいので(笑)

これは、YOU TUBEでは、公開しませーん
ちゃんと作品に仕上げて、そのあとは・・・・・お楽しみ

前にも書きましたが、犬にも言い分はあるらしくて、アドリブでものすごくいい演技してくれて それが
ヒントになってくれたりもします。
犬の意見も聞いて作品創らないとねえ
動物は素直だから・・・・・・

よくある、人間の独りよがりにならない作品が作れますように・・・・・

練習が終わって、一息ついているジョージさん
2009llpcopning 001




ほんと、いいパートナーです、コイツは


Home > 2009年01月07日

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top