FC2ブログ

Home > 2008年03月04日

2008年03月04日

懐かしい~!!

押入れを整理していたら、無くしたとばかり思っていた、昔のパソコンのデータのCDR!!
大して入ってないと思いきや、HP『來々軒』の初期のデーターや画像がざくざく(*^^*)
サイトを閉じてしまったいまでは、ものすごく懐かしい

071400321.jpg


この画像は、2001年の初夏のころ、ネットのお友達が撮ってくれたもの。
2匹ともまだ若い。ヴィヴィが1歳、ライザが2歳くらいか???当時は、ホールカラーのHPも
7-8件くらいしかなかったっけ・・・・・・懐かしいなあ

Continue reading

ペットロスは辛い。。。

私は、個人的にペットという言葉好きじゃない。でもペットロスってことばは仕方ない。
なんかペット=飼う ってイメージだから。今まで、いろんな動物の子と暮らしてきたけど、
今回のハピちゃんの喪失感はちょっと辛かった。

やはり、突然!!ってのが辛かった。おまけに、猫ってガンコな動物だったってことも辛い。
泣くなって、3-4日は、本当に涙腺が弱くなった状態。胸が苦しいし、ハピの泣き声や姿を、家の中で感じてしまうこともしばしば・・・・・夢にも何回も登場して、喜んでは、目が醒め、夢とわかると号泣!その繰り返し。
ボランティアでペットロスのカウセンリングをしている人を友人が紹介してくれて、メールで色々話を聞いてもらったりした。その人は、最近話題の、アニマル・コミュニュケーターの勉強もしていて、ちょっと
亡くなったハピの気持ちもわかる範囲で伝えてくれたりしてくれた。

ハピが言うには、病気は本当に苦しかったけど、最期まで看病してくれて、撫ぜて励ましてくれて
本当に嬉しかった!!って。ライちゃんたちと賑やかで毎日楽しかったって言ってたらしい。でも
犬たちは、いつも私のことをなんか心配してるみたいだから、早く笑顔が戻って欲しい。
そんなことまで、言っていたらしい。

その方は勉強中ということで無償で暖かいメッセージを届けてくれたけど、毎回、動物を見送る際に
苦しい思いをさせてしまったのでは???と辛くなるので、本当に、この話を聞いて嬉しかった。

昨日ジョージのワクチン接種に病院にいった。先生にハピの件でお礼を言ってきた。
そのときに、前から病院で募集されていて気になっていた、供血犬ボランティアとして登録することにした。6歳までの若い犬なので、ライヴィヴィは無理だけど、エックン、ジョージ、そして4匹のkidsは
該当する。去勢はしてないけど、若い血液が、集められるので、先生も喜んでいた。
病院によって、優遇はいろいろみたいだけど、そこの先生は昔、コチラで修行されていたので
同じ方針でした。

輸血で、少しでも病気や怪我でお役に立てればいい。健康のためにも、血を抜くっていいというし。

ペットロスは辛かったけど、なんか小さなハピから別の力をもらったような気がした。

Home > 2008年03月04日

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top