FC2ブログ

Home > ニュース&時事

ニュース&時事 Archive

クリッカートレーニング!!

面白い動画見つけました!!

インコのショーとかでやってるような、梯子のぼったりする技を、ニワトリさんで勉強しようという
ものすごい画期的なグループが!!



アジリティのスラロームとかもやってるのがすごい。。。。。

あれから・・・13年

世間では、時が過ぎれば、たとえ、社会を震撼させた凶悪事件であっても、風化してしまう。
私の記憶の中で、もっとも強烈で、風化されない凶悪事件がある。
それは、一連のオウム真理教の凶悪事件だ。

昨日は、あの霞ヶ関のサリン事件の起こった日。。。。

13年前、父・母と共に住み慣れた東京を離れて、山梨に移住した年に起きた事件。
その年は、ほかにも淡路・阪神大震災が起きた年。国内が非常にピリピリしていたのを覚えている。

私の実家は、あの上九一色村の富士ケ峰地区にある。あの数々のサティアンが建つ前は
あのあたりは、牧草地&森だった。今から25年前のこと・・・・

そこにあの宗教団体が、突然入り込んだ。そしたら、施設に隣接する牧草地の草が突然大量に枯れ始めた。おまけに、そのあたりに巣があった、狐や狸も姿を消した・・・

もちろん、近隣の住民は、その挙動に不審に思い、中で何をやっているのか、何度も話し合いを試みたが、拉致され、開放後、他へ引っ越してしまった住民もいた。いったいなにがあったのか?
テレビ局、新聞社にも、住民は訴えたが、最初はどこ相手にしてくれなかった。

そうちにオウムはさまざまな修行と際して、奇行をし始める。私も夜中に、白装束を着た信者の団体が、青ケ原樹海の県道を列をくんで歩いているのを目撃したこともあるし、やせこけてフラフラな若者が農協のタバコ自販機でタバコを買っている姿。サティアンの傍を通ったとき、小さな子供が数人
薄汚れたマルチーズと遊んでいる姿・・・・など目撃している。なんだかこの人たちは異様だなあ
と思っていた矢先。。。。事件は起きた!

その日は、雪が降っていて、静かな朝だった。いまでも本当に覚えているが、妙に静けさを感じる里山の光景・・・。その数時間後、惨劇は起きた。

地下鉄には、私の高校の同級生が乗り合わせていた。仕事の帰りに車の中で、被害にあった人の名前が次々読み上げられていく・・・最初は飛行機事故かと思ったが、その中に、私のお友達の名前が!!
幸い、中毒症状は重くなく、1週間程度の入院で済んだが、いまでも彼女は事件現場のトラウマが残っているらしい。

ニュースで遺族の親族が、絶対風化してはいけないと力説していたが・・・悲しいかな・・・
ほんとうにあの事件のしらない世代が成人している。あとは知ってても、時事のネタとして
オウムの信者の異様な姿しか覚えていない人も多い。

そのあとの逮捕の時まで、村で何があったのか・・・・もはや伝えられるのは、その
当時、上九一色にすんでいたものしかできないこと。大きいことはできないけど、ちょっとずつ
機会があったら、若いお友達にも話してみようと思う。

いまさらながら(^^;犬の十戒

春休みの邦画で『犬と私と10の約束』という映画がある。
有名な短編詩集犬の十戒をテーマに、少女と犬の愛情物語・・・・という内容。
昨年、ヒットした秋山雅史さんの『千の風になって』に続いて、また作者不詳の詩がクローズアップされた。

あたりまえだけど、なかなか出来そうで、出来ないこともある・・・この犬の十戒。
久しぶりに、しみじみ読んでみて、涙が出てきた。

ライザは、今年の7月で9歳。ヴィヴィも8歳・・・・・・
あとどれくらい、この笑顔が見れるんだろうか・・・・?
このところ、柴MIXの桜ちゃん・・・アビシニアン猫のハピさんを亡くしている分
その一瞬一瞬を大事に共感したい!!って想いが強くなる!!

93440092_convert_20080314163226.jpg

この写真は、おととしのヴィヴィ!!布ディスクを捕ってきて一休みのヴィヴィだけど
こんな満足そうな顔・・・・いつもさせられたら・・・きっと幸せなんだろうな

45340039_convert_20080314163613.jpg

昨年、夏のライちゃん!!ドッグランでニッコリ!!何歳になってもこの笑顔に癒される

45340032_convert_20080314163655.jpg

ちょっと画質は悪いけど(^^;同じく昨年夏のエリック&ジョージ
ジョージはまだモコモコのマンマ(笑)この写真も本当に楽しそうだ。

犬は、正直な生物である、心の底から楽しいときは、満面の笑顔で!
悲しいとき、ツマラナイなあ~不服だな~ってときは全身で表現する。
でも、人間優先な社会生活は、必ずしも動物には優しくない。。。
例えば、飛行機に乗るにしても、犬は貨物室・・・
我が家の場合、同居人が、人間の居住エリアには、犬がウロウロして欲しくないので
(抜け毛や動物特有の匂いが嫌だそうです・・・)
泣く泣く、別室を犬部屋で犬達に開放しています。だから、私なんって、ほとんど犬部屋にいりびたり
(苦笑)
ほんとは、そんなところに住みたくないのですが、なかなか手ごろで住む家も、見つからないし
住まわせてもらっているだけ有難いと思わないといけないんですよね・・・

でも我が家の子たちは、本当なら、24時間ベッタリしていたいだろうに・・・・甲府ではそうだった分
ジョージは納得のいかないことだろうに。。。きっと我慢してくれてるに違いない!!
それがわかる分、仕事から帰って、お風呂に入ったりなど自分のことをする以外は
犬の部屋に入りきりで、テレビもそこで観るようにしている。もちろん夜もそこにベットを持ち込んで!

正直、普通に共存できる環境がうらやましい。でも不思議と私の身内は、動物は嫌いではないけど
所詮、犬畜生・・・(涙)人間が偉いんだ!!って考えの人が多くて。
私の犬との暮らし方は、なかなか理解されません(><)
リビングに犬がいて、何がいけないんでしょうかねえ(苦笑)
一緒にテレビ観たり、ゴロゴロしたり・・・・・今ではごく普通の光景と思いますが

だから余計に、涙が出てしまいました。うちの子たちは幸せなのだろうか???って

昔、ある獣医師がこんな話をしてくれたのを思い出した。
犬と人間が本当に信頼関係ができていれば、たとえ、犬が、面白くないなあ・・・・って我慢してもらう場合でも、我慢したら褒めてもらえる♪だから我慢もするし、頑張る・・・って!!

獣医師という仕事は、動物に嫌われる仕事のことが多く、その先生は、自分の師匠の
獣医師の大先生から、こんな色紙を、開業するときにもらったそうです。

『動物も、私たちと同じように、寝ているときに夢をみるらしい・・・
どうか、その夢が、怖い人間の姿でありませんように・・・・』


ちなみに、
『犬を飼う』という言葉も私は嫌いです。一緒に暮らす・・・・それが私のモットーです(*^^*)

だから、犬=ペット。もしくは飼ってやってる
そう思っている人とは
関わらないようにしたいのですが・・・・・そうもいきません(苦笑)
田舎は、そんな人が多いので(苦笑)

日本は、まだまだ欧米と比べると、動物=コンパニオンという考え方が
都市部で100年、地方では200年遅れています。
中には、産業動物として考え、扱っているショップや繁殖業者もいます。

日ごろ、我慢をさせてしまってる犬達に、
せめて犬の笑顔を、毎日沢山引き出してあげたい!!
それが、犬との十戒が守れている証なのではないかなあ・・・
って・・・・痛切&切々ながら、私は思います。

犬のブーム

alaskankleekai_private.jpg
どうも、日本ではCMに出るとその犬種がブームというか人気が出るという歴史がある。
最近では、アイフルのロングコートチワワのクゥーちゃん、そして紅茶のCMのWコーギー。。。
あとJラッセルテリアも、CMや雑誌の広告やカタログで結構使用されているためか、あの気性の激しい犬種にも関わらず、似た目の可愛さで結構、安易に購入してしまい、あとで後悔する話もチラホラ

その中で、CMでも大人気の、アノ犬が、珍しくペットショップ業者がショップに仕入れす
一般の人から、飼いたいという問い合わせが少ない犬種がいる!?

それは、あのSoft BankのCMの『お父さん』 白い犬のこと!!
結構、柴犬とか雑種犬だと思っているひとが多いみたいだけど、実は、北海道犬!!
別名:アイヌ犬とも呼ばれる、北海道以外ではマイナーな犬種!!

ヒグマの獣猟犬で実際に猟にもつかわれているし、品評会では、実際に、つないである熊か
檻の中の熊に向かわせて、その性能を競うこともあるので、そんなにペットとして、ペット市場に
出すブリーダーさんもいないのかもしれないけど・・・・(*^^*)喜ばしことだ!
職人気質というか、中型日本犬のブリーダーさんは、ちゃんと自分の犬種のことわかってる人が多い!例えば、有名な甲斐犬のブリーダーさんは、欧米人並に、譲渡する条件が厳しい人が、東京の中野にいる。なんと有名な北海道のムツゴロウさんも、断られたそうだ(笑)
もともと、集団生活が苦手な甲斐犬。。。あのごちゃごちゃした環境で、その犬種の持ち味が壊されてしまう・・・・そんなのが断った理由らしいが、ムツゴロウさんはえらく感動したらしい。

それくらいの職人根性で、本当に優秀な犬を繁殖しているブリーダーは日本では、どれくらいだろうか?直接、知ってる人では、草アジの代表で、ラブラドールレトリバーの第一人者のT氏くらいかなあ。優秀というのは、私個人的には、ショーでリボンをとることだけではない!犬種のスタンタードと
作られた歴史、性格を十分に理解し、遺伝疾患を極力出さない努力をし、自然のなかで育てる人。
うーん、やっぱりT氏いがいは思い浮かばない。残念

その反面、CMによく使われているけど、人気の出なかった犬種もいる。
ワイラマナーがそうらしい。見た目はシャープでカッコイイけど、気質は結構難しい・・・・
アジアインターで、ワイマラナーのオス会をやってるのをみたことがあるけど、結構、ドイツの
スパイクチェーンつけてる子が多かったし、ドーベルマンとペアで暮らしてる子も多かった。
やっぱ、アイヌ犬にしてもワイマにしても気合系・・・・は人気が出ないのだろう(*^^*)

やっぱり、人気になる要素の犬は、小さい・可愛い!!珍しい!!だろうか・・・

数年前から、一部ハスキー愛好家の中で話題になっている犬がいる。アメリカには20年前から繁殖されているみたいだけど、まだ、AKCでもJKCでも非公認。
『アラスカンクリーカイ』
日本に入ってくるのはまだ先でしょうが、AKCやJKCで確実に公認されたら、
日本でも人気が出るだろうな・・・って思う。

かんたんにいうと、シベリアンハスキーやアラスカンマラムートが、キャバリアくらいにしいさくなった種類!!日本人が好む顔で、スタイルで、大きさ・・・・・ヤバイ(笑)

大きさは、3種類あって、一番大きいのは、10キロくらい。んで一番小さいサイズは、なんと4キロ。
怖すぎる。確かに可愛いけど、健康面とかどうなんだろうか?性格もシャイなんじゃないだろうか?

一時異常なブームになった、シベリアンハスキー!!飼いきれなくなった理由のひとつに
大きくなって・・・・というのがあっただけに、この日本人が好むサイズになったからには
ブームが予想される。
とわ言っても、私は、シベリアンハスキーが大好きである。でもあの大きさだから好きだったわけで
でも・・・・橇を引かさないのであれば、家庭犬として、その大きさでもいいのでは?
なんだか考えるほど、これはいいのか?悪いのか?解らなくなる

大昔、大型犬を小さくして、トイプーが作られた。ダックスだってカニンヘンができた。
労働犬として活躍していた、シュナウザーだって、ペットとして小さくされて、ミニチュアシュナウザーができた。AKCは、認定するのにものすごい審査が厳しいと聞く。だけど、最近アメリカで、出ている
北方犬種の紹介本に、この犬種も載っているらしいし、ラブラドゥードル(ラブ×プードル)とともに
公認されるのが近いらしい。

永遠に子犬の表情&サイズ。。。可愛いけど・・・・・元ハスキー愛好家的には微妙(^^;



ほのぼの♪

こんなことがあったんですね♪
【社会】電車ノロノロ、でも苦情なし 線路をトボトボと歩く犬に、乗客大喜び…
山梨・都留市の富士急行線


犬は、楽しんでいたのかな??怖かったら走るなり、どくなりするでしょ(笑)

その後、そのこは、どうしたんでしょうね?

Home > ニュース&時事

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top